Img_905a69a1ca10590a282b5f5755d2f39a



過日は
点滴堂さんでの春のお花の妖精展にお越しくださったみなさま
お忙しいところ ほんとうにありがとうございました

出展のものに在庫があれば 引き続き点滴堂さんにてお取り扱いいただいています
(近日引取り予定 其れ迄のお取り扱いになります 在庫無しでしたらすみません..)
そろそろみかんの花も咲く頃
もしもお近くにいらしたときは ごらんいただけましたら幸いです


*


こちらに越して半年が過ぎようとしています

住まいもお仕事も新しくなり
もっとこの場所のことを知りたい という気持ちを抑えつつ
まずは目の前にある事々に対峙する日々でした


ようやく落ち着いて周りを見渡せるようになってきた気がします


春の桜の頃も美しかったけれど
新緑も眩いほどに美しくて
日々惚れ惚れしてため息


最初の写真は我が家から近くの森の沼のほとり
朝のひかりをうけて
まるでモネの絵のよう..

わたしより先にこの沼に着いたまこさんは かわせみを見たそうです
わたしたちに気づいて飛んでいってしまいました





Img_0afff46dcea30c47ba7691e2f18ef6d4
小川と新緑の森
Img_12cb616a3b5dd63998711bf635f557e4
どこまでも澄み清らかな滝


先日の連休のある日は

早起きして朝食を山で食べよう!ということになり

おからをポテトサラダ風にしたものと
新たまねぎのオムレツとでサンドイッチを作り
まだ朝日がのぼって間もない山の小川へ


小川にも新緑の木々にもひかりがあふれ きらきら
清浄な気持ち


朝食を済ませたあと滝まで

食後の運動 と言いたいところですが 実際は険しく
くま除けの鈴をつけてのぼっておられるかたもいたほど

でも 歩けば歩くほど気持ちよくて 険しさも気になりませんでした

辿りついた滝は 浄化という言葉がふさわしいくらいすてきな場所で
水はどこまでも澄み

手をひたすと体の芯まで澄むような


可愛らしいご不動さんがていねいに祀られていました




Img_1f25abc595d5cc9b741bb5d93c92fc00
桜と楓にかこまれた丘
Img_d438cc939a6e06600519966406c2dad6
カモミールとてんとうむし
Img_0a9bb353f53617269811afe51c4e7cdc
湖に浮かぶスワンボート

いつか 緑に囲まれたところで過ごしたいな..
とぼんやりおもっていたのですが


思いがけず それが叶って


おうちも探しも時間がなく
見たおうちは一軒のみ
ひと目見てまこさんが気に入り 即決


まこさんの直感は当たっていました
とても住みやすいおうちで 家事もはかどります

とくにわたしはお庭が気に入っていて
ひと通り家事を済ませたあと
庭をながめながら 朝ごはんを摂るのが至福のとき


ちいさなころから引越しが多く
地元と呼べるところがありませんでした


でもいまは
まだ引っ越したばかりなのにこの場所を心から愛していて

ようやく 根を張って生きていけるような
運命の場所に出会ってしまったような


根をゆっくり伸ばして馴染んでいけたらいいなとおもいます


朝起きて窓を開けると見える
連なる薄墨の山々を見るだけで胸が詰まって
まいにち感動しています




Img_726412d2e4c22c0cbf611c9bc09f4463


ある日のおべんとう

ひじきと干し苦瓜の鳩麦入りおむすび
クレソンとしめじのだし巻き卵
山独活と人参のきんぴら
かぶの塩炒め 菜の花のおひたし

お茶は薄めに淹れた桃色のハイビスカスティ


おべんとうの写真はとても難しいですね..
持って歩くことを前提に型崩れしないよう詰めると
ぎうぎうでどうにも..





Img_904eb5ff3e49e86843432e9d5dfa5c65



おべんとうの常備菜作りもたのしいもの

左上から
クレソンとしめじのだし巻き卵
山独活と人参のきんぴら
こごみの梅酢合え
かぶの塩炒め
人参の葉と胡麻 レモンのふりかけ



朝や夕のおかずにひと品足りないときにも重宝


春の野草たちにたくさん元気をもらって 日々暮らしています